vavavaの観劇メモ

観に行った舞台のメモや感想です。完全に自分用なのでネタバレにはご注意を。

笑の内閣『ただしヤクザを除く』を観てきた。

社会問題を嘲笑うかのような舞台を創る笑の内閣。

前に観たのは2012年の「のるてちゃん」だったか。今回のテーマは「ヤクザ」と個人的に気になったこともあり、観てきました。

f:id:sue_vavava:20160714000346j:plain

面白かったです。たくさん笑って、いろいろ考えちゃいました。

「ヤクザと関わってはいけない」わかる。「だからピザを売ってはいけない」まあわかる。「もちろん人権は認められない」仕方ないのかも・・・。というところに「クズだから人権は無いのか?」ときた。自由と人権は別物だろう、と。

そういう生き方をしたのだから自業自得だと言える。が、これを非正規雇用に言い換えるとどうなるだろう。肩書だけで判断されるのはたまったものではない。けども、社会不適合者と云われればそれまでなんだよなあ。

一方で、「いいヤツには周りが優しくしてくれるから、権利の話なんかしなくていい」というのも同感で。そう思ってしまうのはただの嫉妬なのだろうか。

演出曰く「演劇とヤクザを言い換えただけ」だそうで、そういう意味では演劇人は一見の価値があると思う。

・・・

社会問題の"ある種のズレ"を、風刺・コメディとして演劇にしているところは美しさを感じます。色んな意味で好き嫌いハッキリしそうですが・・・

ところでアフタートークに同席された麻原さんとこの娘さん。偏見という面で作品とリンクする部分はもちろん、受け答えも軽妙でお話聞けて良かったです。

第23次笑の内閣『ただしヤクザを除く』
2016/07/13(水)19:30@こまばアゴラ劇場