vavavaの観劇メモ

観に行った舞台のメモや感想です。完全に自分用なのでネタバレにはご注意を。

【舞台】『メタルマクベスdisc3』観てきた。

f:id:sue_vavava:20181121180117j:plain

念願かなって初の新感線。初の回る劇場。

書きなぐりっていうか箇条書きでごめんなさいって感じの感想。

これ見る2日前に谷賢一を観た影響も多分にある。

感想

  • 最高にエンタメ
  • 120分+120分はすっごく長い
  • 回る劇場は悪くない っていうか使い方次第で表現の幅が広がりまくる
  • 全天周やVR特有の浮遊感が別世界に誘ってくれる感じ
  • あと高杉真宙の王子役が似合わないわけがない

アンサンブルが良かったです。

ダンス、殺陣、ジャグリングなど盛りだくさん。群衆の統一感と個性の強調が両立してた感じ。

ダンサーがつけてたお面がかっこよかった。目が光ってる感じの。

ランダムスターが同じ意匠の剣を使っていたのも面白い。

 

話しとしては、身の丈以上の欲を手にしたせいで没落する物語、といったところか。

「王に笑顔がない」というのは心に来るものがあって、ラサール石井時代との対比が辛くて辛くて。

現代編のバンド「メタルマクベス」と交差していく脚本も面白く、ランダムスターがマクベスとなる展開も、なんだろう、最後の灯火のような美しさ。

 

「なんのために殺すのか」に対する解が「殺しが好き」ってのは薄すぎやしないか。それとも苦し紛れの回答?

とはいえ目的と手段が破綻している、という意味では最高にぶっ壊れてたと思う。

 

舞台上の生バンドってのもかっこいい。鹿殺しとか。

まとまらないからここまで。

原作未読だと印象違ってくるんだと思う。無知でごめん。

『メタルマクベスdisc3』【作】宮藤官九郎 【演出】いのうえひでのり
2018/11/16(金)14:00@IHIステージアラウンド東京