vavavaの観劇メモ

観に行った舞台のメモや感想です。完全に自分用なのでネタバレにはご注意を。

【舞台】青年団『ソウル市民』所感

f:id:sue_vavava:20181114121541j:plain

氏の代表作の再演だそう。追加公演の席が取れたので見てきました。

感想

案内に記載されていたとおり「唐突に終わる」というのが本当に唐突で、登場人物に感情移入してきた頃に終わってしまった感じがある。

けれどそれは本質ではなくて、個々のキャラクターが持つ役割こそが意味のあるものだと思うと、納得ではある。

今でこそ「???」という感じはしないが、発表当時は珍しい手法だったのだろう。

メモ列挙

  • 日本人の持つ「悪意のない差別」を感じた
  • 男尊女卑な感じは時代だろう
  • けれど男性陣も世代によって距離感や言葉遣いが異なる
  • 女中さんの中にもヒエラルキーが存在している
  • 衣装がきれい、かわいい
  • 特に女性陣の大正な衣装(実際は明治だけど)かわいい

装置メモ

日本風の家屋、ダイニングテーブルのあるワンシチュエーションもの。

タンスや調度品からは日本らしさを感じるし、所々の飾り付けにアジアンな香りがする。

青年団『ソウル市民』脚本・演出:平田オリザ
2018/10/30(火)19:30@こまばアゴラ劇場